外にでかける気分にも自転車に乗りにいく気分にもならず。
外に出ても、去年や一昨年の秋と似通ったような風景があるだけ…とさえ思う。
遠くに旅行したところで、そこに居るのはここにいるのと少しは違うけど本質的には変わらない、
人間と言う見慣れすぎた生物だろうと思う。


まあ場所によったら象やライオンやワニやイグアナやニシキヘビにも会えるだろうけど、
そんなに会いたいとも思えないのだ。


あまりにアンニュイで、呼吸すら重たくか細くなってしまう、そんな一日。